生理不順は本当に青汁で治るのか

「生理不順」は、女性の頭を悩ます難しい問題でもあります。この生理不順に青汁がきく、ということでたびたび取り上げられていますが、これは本当でしょうか?

生理不順と青汁の関係について見ていきましょう。

生理不順とはどんなものを言うのか

「生理不順」は「月経不順」のような呼び方でも呼ばれます。ごく簡単に言うのであれば、「正しい生理のあり方ではない」という状態を指しています。

女性の体は、だいたい25日〜38日間の周期を描いて生理が訪れるようになっています。もっとも一般的に言われているのは、「28日周期」というものでしょうか。

月経の血液の量を測るのはかなり難しいものですが、だいたい4日〜7日間程度で出血がおさまり、2〜3日目に一番多く出血をします。

しかし、生理不順の場合はかなり状況が異なります。

「生理不順」と一口に言っても、その様子はさまざまです。まず、「稀発月経(きはつげっけい)」。これは、本来ならば25日〜38日で来るはずの月経が、39日以上たっても来ない、という状態を指します。

人間の体は、ストレスなどで簡単に生理周期が崩れます。そのため、「普段は28日で来ているのに、1回だけ40日目に来た。そのあとは28日で来ている」というような場合は、それほど心配はいりません。しかしこれが頻発するようになると、卵巣の働きに問題が生じている可能性があります。

逆に、「頻繁に生理が来てしまう」と言う状態もあります。

これは「頻発月経(ひんぱつげっけい)」と呼ばれるものです。これもまた、卵巣の働きに問題があることによって起こります。加えて、ストレスも原因のうちの1つです。

この頻発月経の場合、ホルモンの分泌がきちんと行われていないことも原因の1つです。特に黄体ホルモンの分泌量が少ないときに起こりやすく、場合によっては、流産や不妊を招くことにもつながります。

加えて、「期間が短すぎる・長すぎる」という生理不順もあります。これらはそれぞれ「過長月経(かちょうげっけい)」と「過短月経(かたんげっけい)」と呼ばれます。

本来ならば1週間程度で終わるはずの生理がそれ以上たっても終わらなかったり、また逆に通常ならば4日程度はかかる生理が2日程度で終わってしまったりする状態です。

これらもホルモンバランスの崩れや、ホルモンの分泌量が少ないことを原因としています。

「量」も重要です。 「過多月経(かたげっけい)」「過少月経(かしょうげっけい)」というものが、経血量から見る生理不順の呼び方です。レバーのような塊がごろっと出てきてしまったり、ナプキンを頻繁にとりかえないと溢れてしまうような出血量が見られたりするのが過多月経です。逆に、過少月経では、本来ならば血液量の多いはずの2日〜3日目でもナプキンを取り換える必要がないほどの少ない経血量しか示しません。

ある意味では自然な流れではありますが、更年期に差し掛かった頃から見られる月経不順もまた、「生理不順」に分類されます。

50代以降になるとこれらの症状が見られはじめますが、現在では若い人でもこの症状を患ってしまう人もいます。

もっとも、生理の状態というのは個人差が非常に大きいものです。たとえば、過少月経でかつ過短月経であったとしても、子宮自体にはまったく異常がなく、正常な妊娠が可能であるということも珍しくはありません。ただ、言い換えるのならば、「何かおかしい」と思った時は、必ず病院に行く必要がある、ということです。

青汁は生理不順に効果を示すか?

しばしば、「青汁を飲めば、これらの生理不順は解消できる」という意見も目にします。

これは、「生理不順の原因の1つとして、バランスの崩れた食事や暴飲暴食、過剰なダイエット、特定栄養素の不足がある」ということからきているのでしょう。実際、これらの食生活は、生理に対して決してよい影響を与えません。

青汁にはたくさんの栄養素が含まれています。そのままでは食べにくい野菜でも、「飲むだけ」という気軽さで摂取できるのは、極めて大きな魅力だと言えるでしょう。現在は鉄分を含む青汁や、女性ホルモンとよく似た構造体のイソフラボンを含んだ青汁などが販売されています。

これらの栄養素をとることで、生理不順にアプローチすることは不可能ではありません。

実際、「青汁をとるようになってから生理不順が解消された」とする意見も目にします。 ただ、「青汁を飲めば生理不順が解消される」と考えるのは間違いです。

上でも挙げたように、生理不順は、ストレスや年齢といった複合的な要因によっても起こるものです。「青汁を飲めば、魔法のように生理不順が改善される」ということはありません。また、生理不順のなかには、医師の診断とそこからの治療を必要とするものもあります。そのため、生理不順が続くようならばまずは病院に行くことがもっとも大切です。

生理不順は、場合によっては不妊にもつながります。 また、ひどい痛みをもたらすこともあるため、決して放置しておいてはいけません。