青汁はアトピーに効果があるの? その真偽を探る

子どもだけでなく、大人も苦しめられる「アトピー」。これに対して青汁が効果的だ、という話を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

今回は、「青汁とアトピー」の関係について見ていきます。

そもそもアトピーってどんなもの? 何が原因で起こるの?

「アトピー」という言葉は広く知られていますが、その原理についてはよくわかっていない、という人もいるでしょう。 ここではまず、「アトピーとはどんなものか」ということから解説していきます。

アトピーは、「アトピー性皮膚炎」と表記されます。これはかゆみを伴って出てくるものであり、皮ふの、特に顔やひじ部分、耳などによく出てきます。(個人差はあります) 強いかゆみだけでなく、湿疹によって皮ふが盛り上がったりじゅくじゅくと膿んだようになったりと、外見的な変化に悩まされる人も多く、非常に厄介なものです。

このアトピーは、「完治」というのがなかなか難しく、一度良くなったかと思えばまた悪化したりもします。そのため、長く悩まされる患者が多いのです。

アトピーのことを理解するためには、「アトピー素因」という言葉を知る必要があります。

これは一種の体質のことを言います。たとえば、普通の人ならば特に反応しないようなもの(卵などの食品や、ハウスダスト、花粉など)に反応しやすい体質を指します。

このアトピー素因は、「遺伝」も関係していると考えられています。もちろん、「親がアトピー素因を持っていたら、子どもも必ずアトピー素因を持つ」とまでは言えませんが、それでも、リスクが高くなることは確かです。

このアトピー素因を持っている人は、アトピー性皮膚炎になる可能性が高くなります。また、肌の状態が悪くなっている状態(乾燥など)によっても、アトピーは引き起こされます。

さらに、「アレルゲン(アレルギーの原因となるもの。個々人によって異なります。食べ物や花粉などがこれに当たります)」「汗」「摩擦」「ストレス」なども、アトピーを引き起こす原因となり得ます。

これらすべてから、肌を守るのは非常に難しいと言えます。

ただ、アレルゲンとなるものから身を遠ざけたり、掃除をしたり、見落とされがちなエアコンフィルターをきれいにしたり、肌に優しいスキンケア用品を使ったり、ストレス源から身を離したりすることは、対策として有用です。

アトピーと免疫力について

ここまで、「アトピーはなぜ起こるのか」について見てきました。ここからは、青汁とアトピーの関係について見ていきます。

アトピーと青汁の関係ですが、これを知るためのキーワードとして、「免疫力」があります。 「肌の状態が悪くなること」が、アトピーの原因の1つとしてある、ということはすでに挙げた通りです。

このような状態を作っている原因の一つとして、「免疫力の低下」があります。免疫力が低くなることによって、アトピーはより悪化します。

アトピーを治療するためには、免疫力を上昇させることが求められます。

人間の免疫力を左右するのは、腸だとも言われています。人間の体には多くの免疫細胞が存在していますが、そのうちの60パーセントほどが腸内にあると言われており、免疫力の向上を考えるうえで、腸は非常に重要な器官です。

では、この「腸」に対してはどのようにアプローチすればよいのでしょうか。

青汁と腸内の環境の関わり方

腸内には、善玉菌と悪玉菌の両方が存在しており、常に勢力争いが繰り広げられています。善玉菌が優勢であるときは体の調子がよく、悪玉菌が優勢であるときは健康状態が悪くなります。

この善玉菌を増やすのが、ご存知、ヨーグルトなどによく含まれている「乳酸菌」です。現在は、乳酸菌入りの青汁なども出ていますね。

経口摂取による乳酸菌の補充はあくまで一時的なものではありますが、それでも有効であることは確かです。

また、「食物繊維」も、腸内の状態を良くするために一役を買っています。食物繊維は体内にある老廃物を「便」というかたちで排出するための手助けとなります。加えて、これは善玉菌の活性化にも役立っています。

善玉菌を優勢にして、老廃物を押し出すことが免疫力の向上につながります。そして、免疫力の向上は、アトピーの軽減につながるのです。

青汁は、大量の食物繊維を含む飲み物です。加えて、肌の状態を良くするために必要なビタミン類も多くふくんでおり、さまざまな角度から、アトピーに対してアプローチします。このため、青汁がアトピーに対して有用だと言われているのです。

もっとも、青汁は「薬」ではありません。 あくまで腸内環境や肌の状態を良くするためのサポート役として使われるだけであり、直接的にアトピーを治すかと言われれば、なかなか断言することはできません。

そのため、医師と連携して、対策に努めていくことが求められます。